黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/388-e946985d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有名企業のトップが入社式で新入社員におくったメッセージ5選(マイナビニュース 関根千尋氏)

2015/04/05 08:00
●ソフトバンク・電通・三陽商会のトップメッセージ

2015年4月1日、日本全国の企業で新入社員の入社式が開催された。この記事では、各社のトップが新たな仲間となる新入社員へおくった入社訓示を紹介する。

○ソフトバンク 代表取締役社長 孫正義氏

携帯電話などの電気通信事業を手がけるソフトバンク。代表の孫正義氏は、国内他社に先駆けた「iPhone」の取り扱いや感情認識パーソナルロボット「Pepper」の開発を進めるなど、攻めの姿勢で知られている。
同氏は自身の過去を振り返ったメッセージを送った。

「私は16歳のときに1人で渡米し、初めての体験、初めて見る景色の中で生活しました。語学でもハンディキャップがありました。ハンディキャップは最高の贈り物で、乗り越えようと通常以上の努力をすることになります。
特に若いうちは、ハンディキャップを前向きに捉えると、挑戦自体が楽しいものになり、乗り越えたときの喜び、自らにつく実力は、平々凡々とした状況と比較すると、はるかに実力をつけられるようになると思います」
「若いうちに、難しい物事にあえて挑戦し、元気に爽やかに精一杯挑戦してください。いつも明るく爽やかに努力する人を、周りはいろいろな形で応援してあげようという気持ちになるものです。
私の年齢になると、20代の頃にもっと努力しておけば良かった、激しく自分を追い込んで挑戦していれば良かったと、振り返って反省することばかりです。皆さんにはこの時期を大切に、挑戦し続けてもらいたいと思います」
(孫氏)

○電通 代表取締役社長執行役員 石井直氏

大手広告代理店・電通。「入社したい企業ランキング」で常に上位にランクインする人気企業だ。狭き門をくぐり抜けた新入社員に対し、石井氏は東日本大震災を振り返るコメントを述べた。

「東日本大震災から4年がたちましたが、復興への最も強い原動力となるのは、私たち一人一人の心そのものです。広告は、人の心を動かし、世の中に希望と活力をもたらす力を有しています。
私たち電通は、日々の仕事を通じ、東北の復興と日本の成長に貢献することができる企業でもあります。皆さんには、その一員としての自覚を持っていただきたいと思います」
「今日から皆さんが取り組む仕事は、『小さな仕事』『地道な仕事』であると感じることが圧倒的に多いと思います。
しかし、そうした地道な仕事こそが電通を支えているのであり、どんな大きな仕事も、小さな仕事を積み重ねることでしか成し遂げられない、ということを忘れないでください。
今後、いま抱いている期待とのギャップに戸惑うこともあると思いますが、今日の気持ちを忘れずに、目の前の一つ一つの仕事に全力で取り組むことを期待します」
(石井氏)

○三陽商会 代表取締役社長 兼 社長執行役員 杉浦昌彦氏

三陽商会は2015年6月にバーバリーとのライセンス契約が終了することで話題となっている。31日には、秋冬から展開するブランド「ブルーレーベル・クレストブリッジ」「ブラックレーベル・クレストブリッジ」の発表会が開催された。

「ご存じのように当社は今、大きな節目を迎えています。昨日は次期主力事業のひとつである『ブルーレーベル・クレストブリッジ』と『ブラックレーベル・クレストブリッジ』のデビューランウェイを秩父宮ラグビー場で開催いたしました。
今朝確認したところ、インターネットを中心に様々なメディアでその情報が紹介されていました。昨年から『新生サンヨー』に向けて準備してきたことを、昨日をもってほぼ全て発表したということになります。あとは突き進むだけです」
「当社は昨年度、中期5カ年経営計画を発表いたしました。今年はその2年目となり、そのタイミングで皆さんが入社されました。今年と来年は難局の時期であるにも関わらず、当社に入社してくれたことを大変うれしく思います」
(杉浦氏)

●日本HP・旭化成のトップメッセージ

○日本ヒューレット・パッカード 代表取締役 社長執行役員 吉田仁志氏

コンピュータや周辺機器、システムの開発や販売を行う日本HP。吉田氏は2015年1月5日に代表取締役 社長執行役員に就任した直後であり、さらに同社は11月をもって2社に分社することも発表されている。
節目の年に入社した社員に送られた言葉は次のとおりだ。

「皆さんはHPにとって最も歴史的な年に入社しました。HPは今年の11月からHewlett-Packard Enterprise(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)とHP Inc.(エイチピー・インク)という二つの会社に分社します。
私たちはこれを『第2の創業』と捉えています」
「両社は同じDNAを持つ最良のパートナーとして、HP Wayという誇るべき企業文化を継承し、イノベーションを起こし続けていきます。
HPは1939年にガレージから誕生しましたが、分社というのは1台の車が入るガレージが、2台の車が入るガレージになることです。新入社員の皆さんを含めた全社員が創業メンバーとなり、新しい会社を創っていくことになります。
是非、このHPが新たな歴史を刻む年に、創業メンバーの一員として若い力を発揮して欲しいと期待しています」
(吉田氏)

○旭化成 代表取締役社長 兼 社長執行役員浅野敏雄氏

化学、繊維から住宅、エレクトロニクス、医薬品まで幅広く扱う旭化成。今年は大卒・高専卒併せて333名の新入社員を迎えた。

「私もちょうど40年前に旭化成発祥の地、ここ宮崎県延岡市で新入社員研修を受けましたことを昨日のことのように思い出します。昨年私は、延岡市の上流にある当社が約90年前に造った水力発電所を訪問しました。
大正時代の自動車もなくトンネルも手掘りするしかないような時代から運用を開始し、今でも保守・管理する人たちの不断の努力のおかげで休むことなく稼働している姿を見て、まさに旭化成魂の原点を見た思いがしました」
「今日、新しく旭化成の一員となった皆さんに1つだけお願いをしておきます。これからの人生、仕事に対して具体的な『志』を持っていただきたい。
私の『志』は『退職までに3つの製品を世の中に出す』というものでした。皆さんの「志」を達成するためには、誰に対しても誠実であり、果敢に挑戦し、結束して新たに価値を創造するという旭化成のグループバリュー『誠実』『挑戦』『創造』の実践が必要です。
是非とも『志』の実現を目指し、皆さんの人生を実りある豊かなものにしてください」
(浅野氏)

○まとめ
5社の入社訓示、いかがだっただろうか。「新入社員向けメッセージ」とはいえ、代表自身の経験を元にしたエピソードや教訓が盛りだくさんで、先輩社員でも勉強になることだろう。
5社以外にも訓示をWeb上で公開している企業があるので、他社のメッセージも読みたいという人は、探してみるのもおすすめだ。
スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/388-e946985d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER599412OLN
FC2ブログへようこそ!
第二の人生の職場として、福祉関係のパートをしています。仕事の合間に小生の関心ある記事等をネットで探し、ブログにします。よろしくお願いします。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。