黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/394-020ca2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あの有名企業の意外すぎる社名の由来( Square Logo All Aboutから)

2015/04/10 08:00
仕事関係の移動やランチの席でふと会話に行き詰ってしまう……そんなビジネスの場で使える「プチ雑学」。
こんな話題はいかがでしょう?

個性豊かな日本の「企業名」。そこにはさまざまな由来があります。

有名なところでは「ブリヂストン」。
こちらは創業者の石橋正二郎の名字=石橋を英語に変換して、順序を逆にしたものです。

Canon」は1933年に前身である精機光学研究所が最初のカメラ試作機として作った商品名が「カンノン」だったことや、英語のcanonに「聖典、標準、規範」などの意味があることから命名されました。カタカナ表記の際「キャノン」ではなく「キヤノン」としているのは見た目のバランスからだそうです。

さらに、ビューティー・健康関連企業として多くの商品を販売している「DHC」。

こちらは元々「大学翻訳センター」という企業名で通訳や翻訳関係を請け負う会社でした。
海外に行く機会が多かった創業者の吉田嘉明氏が、スペインのオリーブオイルに着目し、これを化粧品として活用できないかと商品化したところ、大当たりしました。

そこで「大学翻訳センター」の頭文字を取って社名を「DHC」に変更。なんと現在でも翻訳事業が継続されています。

【演劇ガイド:上村 由紀子】
スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/394-020ca2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER599412OLN
FC2ブログへようこそ!
第二の人生の職場として、福祉関係のパートをしています。仕事の合間に小生の関心ある記事等をネットで探し、ブログにします。よろしくお願いします。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。