黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/403-53db1d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

完成度の高い文章を書くコツは「最初の原稿」の完成度を気にしないこと(ライフハッカー [日本版]から)

2015/04/20 08:00
白紙を文字で埋めるのは難しいものです。ひどい文章をうまく書き変える方が、それよりは少し簡単です。
文章の書き出しに悩んでいるのであれば、恐れていることを実行してみましょう。
つまり、ひどい文章でも書けばいいのです。


あるredditユーザーが指摘している通り、ひどい文章であっても初期の段階においてはそれは問題ではありません。
より重要なのは、読者を引き込むような書き出しの言葉を探すことではなく、紙に自分の考えを書き出すことなのです。
原稿の問題は後で直せばよいのです。

文章を作成する予定のある人すべてに最も伝えたいアドバイスは「くだらない文章を書くことを恐れないで」ということです。
それが「優れて」いるかどうか心配するのは最後にしましょう。ひどい1文を書いてみます。ひどい1章を書いてみます。印をつけておいて後で修正すればいいのです。

このテクニックは、職務経歴書のカバーレター、大学の論文、あるいは小説でも、すべての形式の文章にあてはまることです。これは書くことを専門とするプロでなくとも役に立ちます。
もっと言うと、プロでない人たちの方が頭に入れておくべき情報です。

履歴書に何を書いたらよいかわからない時、親戚へのメールで何と言ったらよいかわからない時、とにかく何か書いてみましょう。そして、後で修正すればよいのです。


LPT: When writing anything of consequence, don't be afraid to write like shit.|Reddit
Eric Ravenscraft(訳:コニャック)
スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/403-53db1d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER599412OLN
FC2ブログへようこそ!
第二の人生の職場として、福祉関係のパートをしています。仕事の合間に小生の関心ある記事等をネットで探し、ブログにします。よろしくお願いします。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。