黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/425-003744e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脳にもダメージの可能性!? 米学術誌が「PM2.5の影響」掲載=中国メディア(サーチナ サーチナから)

2015/05/13 08:00
記事は、アメリカ心臓協会(America Heart Association:AHA)が発行する学術雑誌「Stroke」に掲載された研究報告を引用し、ベス・イスラエル・メディカルセンターが米国のニューイングランド地方の60歳以上の943人の健康な男女を対象に居住地域の大気汚染と脳に与える影響について調査が行ったことを紹介した。
続けて、空気中に含まれるPM2.5の量が1立方メートル当たり2マイクログラム(μg/m3)増えるごとに脳が萎縮する確立が0.32%ずつ増加すると伝え、同数値は「脳が老化によって自然に萎縮する程度の1年分に相当する」と紹介した。


さらに、同研究ではPM2.5の量が増えるごとに、無症候性脳血管障害を発症する確率も高まることが分かったと紹介。
無症候性脳血管障害は脳のCTスキャンでなければ発見することが困難であると伝えた。


また記事は、大気汚染がヒトの脳にどの程度の影響を与えるかははっきりとはわかっていないとする一方、脳の萎縮と脳疾患の程度は一定の相関性がある可能性もあるとし、大気汚染が脳疾患を深刻化させる可能性が疑われていると論じた。

(編集担当:村山健二)
スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/425-003744e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER599412OLN
FC2ブログへようこそ!
第二の人生の職場として、福祉関係のパートをしています。仕事の合間に小生の関心ある記事等をネットで探し、ブログにします。よろしくお願いします。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。