黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/447-aa7a8d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脳波がパスワードの代わりになるかもしれない(米研究)

2015/06/07 08:00
特定の言葉に対する脳の反応には個人差があり、パスワードの代わりになり得る──こんな研究結果を米大学の研究チームが発表した

“脳紋”(Brainprint)と呼んでいるこの方法のポイントは、指紋などと比べて「盗まれないこと」だという。

ニューヨーク州立大学ビンガムトン校のチームは、45人の被験者に「FBI」「DVD」などイニシャル文字を使った略語のリストを読んでもらい、その際の脳の反応を調べた。それぞれの人の脳は各単語について異なる反応を示しており、コンピュータが94%の精度で個人を識別できるレベルだった。
「脳波がセキュリティシステム上、個人の認証に使える可能性を示している」という。

スマートフォンで利用されている指紋など、生体認証にはいくつかの方法が実用化されているが、“脳紋”は盗まれない上、リセットできることも利点という。「指紋情報が盗まれたからといって、新しい指を生やすわけにはいかない」が、脳紋なら別の反応を使うなどすればデータを更新できる可能性がある。

さすがにすぐにスマートフォンに搭載されたりするとは考えていないようだが、ペンタゴン(米国防総省)や軍の基地など、高いセキュリティレベルが求められる施設には導入できるのではないかとみている。

成果は専門誌「Neurocomputing」に掲載された。

スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://narausagi.blog.fc2.com/tb.php/447-aa7a8d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER599412OLN
FC2ブログへようこそ!
第二の人生の職場として、福祉関係のパートをしています。仕事の合間に小生の関心ある記事等をネットで探し、ブログにします。よろしくお願いします。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。